MENU

腸活にココアがおすすめ!効果は?注意点はある?

腸活におすすめの飲み物として「ココア」が注目されています。この記事では、ココアが腸活にどのように役立つのか、その効果と摂取時の注意点についてまとめてみました。

腸活とは、腸内環境をより良い状態にするために、食事に気をつけたり必要な運動をしたりする活動です。
食生活や生活習慣など見直すことによって、腸の持つ本来の力を取り戻すことを指します。

目次

腸活にココアがおすすめ!効果は?

腸活にココアが良いと言われる理由の1つ目は食物繊維です、食物繊維は人間の消化酵素では消化されない成分です。 食物繊維には水に溶けやすい水溶性食物繊維と水に溶けにくい不溶性食物繊維があり、ココアに含まれているのは不溶性食物繊維で、食物繊維が豊富で有名なゴボウよりも多く含まれています。

不溶性食物繊維は人間の消化酵素や腸内細菌で分解されにくいので、便のかさを増して腸壁を刺激し、排泄を促す効果があります。 また食物繊維は腹持ちもよく、ダイエットにも効果的です。

2つ目はカカオポリフェノールです、カカオポリフェノールには抗酸化作用があり、美容に良いのはもちろん生活習慣病予防の効果もあり、健康にも良いとされていて、免疫力を高めたり腸内の善玉菌を増やす働きがあるため、腸活に効果的です。

3つ目に、ココアは鉄分、マグネシウム、亜鉛などのミネラルも豊富です。これらのミネラルは、腸の働きを助け、全体的な健康をサポートします。

ココアを選ぶ際に注意するべきことはある?

ココアを選ぶ際には注意点があります。 一般的に売られているココアには純ココア(ピュアココア)ミルクココアがあります。 純ココア(ピュアココア)は砂糖などが入っておらずお菓子作りにもよく使われるシンプルなものです。

ミルクココアは砂糖が入っており甘みがあります。 そのままお湯に溶かしておいしく飲むことができる一方で、飲みすぎると砂糖を取りすぎてしまうのでダイエットをしている方は特に注意が必要です。

ココアの効果は?

腸活とは別に、飲み物としてココアは以下の効果があると言われています。

便通を良くする

ココアには不溶性食物繊維のリグニンが多く含まれています。
不溶性食物繊維は腸のぜん動運動を活発化させ、便秘を改善する効果が期待できます。

便秘が続くと不快なだけではなく、腸内に有害物質が蓄積されて、大腸がんの発症を誘発する可能性もあります。
ココアの食物繊維で便秘を予防することで、がん予防にもつながります。

不足しがちな栄養素を補える

日本人はミネラルの摂取が少ないと言われています。
ココアに含まれる、鉄、カルシウム、マグネシウム、銅などのミネラルを補給することで体調が整います。 

ミネラルは骨や歯を形成するだけではなく、神経の伝達や細胞の働きをスムーズにするなど、体の働きには必要不可欠です。

血管を拡張し血圧を下げる

ココアに含まれるテオブロミンやカカオポリフェノールは、末梢血管を広げます
血管が拡張することによって、血圧を下げる効果があるとされています。

悪玉コレステロールを減らし動脈硬化を防ぐ

心筋梗塞や脳梗塞などの原因である動脈硬化の要因は活性酸素です。
活性酸素によって悪玉コレステロールが酸化して、血管内に付着します。 

ココアには、カカオポリフェノールが豊富に含まれています。
ポリフェノールの抗酸化作用によって活性酸素を無害化することで、悪玉コレステロールの酸化を抑制し、血管内にたまることを防いで動脈硬化を予防します。

認知機能を向上させ認知症を予防

ココアの効果で注目されているのが認知機能を向上させる働きです。
ココアに含まれるテオブロミンやカカオポリフェノールには、大脳皮質を刺激する働きがあります。

大脳皮質が刺激されると、集中力や記憶力を高めることが可能で、脳の神経細胞の働きを促すたんぱく質を増やす働きもあります。

活性酸素を除去し美肌を保つ

老化は活性酸素が原因といわれており、活性酸素に対抗するのが抗酸化物質です。
ココアにはカカオポリフェノールという強力な抗酸化物質が含まれています

紫外線を浴びると活性酸素が大量に発生し、シワやシミの原因となります。
ココアを飲むことで、日焼けのダメージが軽減できたという研究報告もあります。

ココアの摂り方

ココアを効果的に摂取するための方法をいくつかご紹介します。

  1. ホットココア:寒い日には、温かいホットココアが最適です。無糖のココアパウダーを使い、砂糖の代わりに蜂蜜やメープルシロップで甘みを調整すると、さらに健康的です。
  2. スムージー:朝食やおやつに、ココアを加えたスムージーを楽しんでみてください。バナナやアーモンドミルクと合わせると、美味しくて栄養満点です。
  3. ベーキング:クッキーやケーキにココアを使うのも一つの方法です。特に全粒粉やオートミールを使ったヘルシーなレシピがおすすめです。

バンホーテンの腸活ココア 「機能性表示食品」

ココアのトップブランドとして、世界中から愛される『バンホーテン』から発売されている、「バンホーテンの腸活ココア」は、腸の中の善玉菌・ビフィズス菌を増やし、腸内フローラを改善してくれる水溶性食物繊維「イヌリン」配合で、お腹の調子を整えてくれる機能性表示食品です。

機能性表示食品
事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

イヌリン とは?

「イヌリン」とは、野菜(ごぼうや玉ねぎ、にんにく)などに含まれる水溶性食物繊維の一種で、食物繊維には、水溶性食物繊維と、不溶性食物繊維の2種類があり、イヌリンなどの水溶性食物繊維は、腸内細菌のえさとなり、腸内細菌の活性化に役立ちます。

まとめ

腸活におすすめの飲み物として「ココア」が注目されています。この記事では、ココアが腸活にどのように役立つのか、その効果と摂取時の注意点についてまとめてみました。

ココアは、腸活に効果的な食品として非常に優れています。その豊富な栄養素と抗酸化作用により、腸内環境を整えるだけでなく、全体的な健康をサポートします。ぜひ、日常生活にココアを取り入れて、健康な腸を目指してみてください!

腸活のおすすめの飲み物についてまとめています。

目次